ヒュービットジェノミクス株式会社

電話でのお問い合わせ
TEL:03-5148-3990
最新情報

NIBIOHN戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期「AI(人工知能)ホスピタルによる高度診断・治療システム」への採択について

トピックス

記事詳細

プレスリリース生活習慣病の克服を目指して、産官学民連携の新たな事業モデルを創出

有限責任中間法人久山生活習慣病研究所が活動を開始

ヒュービットジェノミクス株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:一圓剛)は、生活習慣病の克服を目指して、産官学民連携の新たな事業モデルを創出することを目的として、九州大学、久山町などの支援を受けて設立された有限責任中間法人久山生活習慣病研究所(福岡県糟屋郡久山町、代表理事:尾前照雄 国立循環器病センター名誉総長、通称:HisayamaLIFE)に社員として参加することとなりました。

久山町研究は、九州大学と久山町の共同事業として、昭和36年以来、40数余年にわたる歴史を持つ世界にも類を見ない精度の高い疫学研究が続けられてきました。今後、久山町の研究業績を基盤に、生活習慣病のテーラーメイド医療と個別的健康指導法の確立を図ることを目的として、久山町研究の一層の推進を図るための母体であるHisayamaLIFEが平成17年4月に設立されたものです。

当社は、SNP(Single Nucleotide Polymorphism、一塩基多型) 解析で得た有意義な情報をもとに、医薬品開発研究に役立つ革新的な創薬戦略を提案することを目指して、平成12年4月の設立以降、九州大学、山形大学を始め協力医療機関等と共に、個人間におけるSNPに着目したゲノム疫学研究を、インフォームドコンセント及び「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」(平成13年4月1日施行) に基づいて進めて参りました。 当社では、九州大学や久山町との連携の強化に繋がること、更には将来的にはHisayama LIFEより臨床研究関連等の業務を受託することも視野に、HisayamaLIFEのビジネスモデルの構築その他事業運営の支援を行う計画としております。

【HisayamaLIFEの概要】
商号 有限責任中間法人久山生活習慣病研究所
(通称:HisayamaLIFE)
設立年月日 平成17年4月
所在地 〒811-2501
福岡県糟屋郡久山町大字久原1822-1
(ヘルスC&Cセンター内)
事業内容 (1)久山町臨床疫学研究の支援及びその他の臨床疫学研究の受託
(2)地域住民の健康づくり
(3)科学的根拠に基づく医療と予防医学の推進
(4)研究成果の事業化、産業化
(5)国際的科学技術交流と共同研究の推進
(6)その他
URL http://www.hisayamalife.or.jp
本件問い合わせ先
ヒュービットジェノミクス株式会社
取締役 古賀 敦朗 TEL:03-5148-3990

PAGE TOP